経営者住宅ローンは不利なの?

経営者住宅ローンを申込んでしまうと色々と不利な面が出ると言われています。
ただ単に通常の住宅ローンに比べて面倒なことが多いというだけではなく、経営している会社の与信枠も減らされてしまうことがあるのです。
銀行は、会社に対して貸付をする場合は与信枠を設定しますが、これは会社だけではなく代表者に対する貸付枠の合計だと考えているのです。
会社の経営者は、その会社の役員報酬で生活をしていますから、銀行から見ると一心同体なのです。
そのため、経営者住宅ローンを申込むことは会社の与信枠を減らしてしまう事となり、不利だと言われています。
割に合わないと文句が出そうですが、会社経営者の宿命だと思っていただくしかありません。