住宅ローンで加入しなければいけない保証会社とは?

住宅ローンを組む際、必ず加入しなければいけない保証会社があります。
その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。
団体信用生命保険という保証の内容は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、残りのローンが無くなる。
という内容の保険です。
これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。
どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどです。
保証料は自己負担ではないので、安心して住宅ローンを申し込む事が出来ますね。
フラット35というローンは、今とても注目を集めている住宅ローンです。
最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。
という事です。
特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただ毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気のフラット35です。
一般的なフラット35などといった住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。
住宅の価値を重視して審査を行います。
これは、その住宅が将来価値が出るかどうか、担保として十分かどうか、という点を重視する。
という事です。
色々な面から審査されるそうです。
今後、マイホームの購入などでフラット35を検討している方はしっかり下調べをしてからボーナス払いを利用しましょう。
フラット35といえば、「金利が長期固定」「団体信用生命保険の加入が強制ではないため、既往症で保険加入が認められない者でも申込できる。
」「借換利用も可能」など、メリットもたくさん!まとまったお金が入った時に返済できれば、月に返すお金が減るのでとても楽になります。
但し最近の会社は確実に賞与が与えられるという保証もなく、場合によっては多かったり少ない時も考えられます。
それもあり実際に賞与などを返済に充てているという方は、意外にも半分以下であるというデータもあります。
色々なケースを考えてまとめて返済する事も可能にしたい方は、繰上げ返済を利用してみてはいかがでしょうか。

フラット35のボーナス払いは?毎月の返済額の設定で悩む!【Q&A】